これは「ダイジェスト版」です。

会員になり番組の完全版を視聴する
月額500円

すでに会員の方はログインしてください。

2019年5月4日
  • 文字サイズ
  • 印刷

御代替わりに考える日本人とは何なのか

海部陽介氏(国立科学博物館人類史研究グループ長)
マル激トーク・オン・ディマンド 第943回(2019年5月4日)

 30年あまり続いた平成が終わり、日本は新しい時代に入った。先週、マル激では御代替わりの今こそ、象徴天皇制をめぐる議論を深めようではないかと呼びかけたが、今週は新しい時代を迎えるに当たり、そもそもわれわれがどこから来たのかという視点から、日本とは何なのかについて考えてみたい。

 実は日本列島は約3万8千年前まで、人が住んでいない無人島だった。アフリカを出たわれわれの祖先は、ヨーロッパ、中央アジアを経由し、南北に分かれてヒマラヤを迂回した上で今から4万年ほど前に再び東アジアで合流し、それから数千年かけて対馬、沖縄、北海道の3つのルートを経由して日本に辿り着いたようだ。発掘された遺跡などから、朝鮮半島を経た対馬ルートで日本に最初に人類が辿り着いたのが約3万8千年前、台湾を経た沖縄ルートが3万5千年前、現在のカムチャッカ半島からサハリンを経た北海道ルートが約2万5千年前のことだったことがわかっているという。いずれも後期旧石器時代のことで、まだ地球上には最後の旧人であるネアンデルタール人が、ぎりぎりで生存していたかどうかという時代のことだ。その後、さらに弥生時代に大陸からの渡来があって農耕が始まり、それらの民族が交わりながら現在の日本が形作られていった。とかく日本は単一民族であるかのように言われることが多いが、その実は最初から様々な民族が様々なルートを経由してやってきて、再度この地で混ざり合った、まさに多民族国家そのものだったのだ。

 ちなみに、当時は今より海面が80メートルも低く、北海道と本州、九州、四国はいずれも陸続きだったと考えられている。4島が一つになった当時の日本列島を「古本州島」と呼ぶそうだが、日本列島は一つの島だったとしても、大陸から日本に辿り着くためには、少なくとも対馬と沖縄の2つのルートについては、何らかの形で海を渡らなければならない。果たして、3万年前の人類はどうやって海を渡って日本にやってきたのだろうか。

 国立科学博物館の人類史研究グループ長で人類進化学者の海部陽介氏は、彼らがどうやって海を越えてきたかを検証するために、実際に当時の技術のみを使って台湾から与那国島まで航海する実験を重ねてきた。航海といっても、何せ3万年以上も昔の話だ。航海技術もなければ帆船もない。無論、舟を作るための道具も原始的な石器程度しかない。海部氏の「渡航再現プロジェクト」は、これまで与那国島に自生しているヒメガマという草をツル植物で縛って作った草束舟や、竹を組んだ竹筏舟でチャレンジしたものの、南からの強い黒潮を乗り越えることができず、いずれも失敗に終わっている。

 そして、海部氏はこの6月、直径1メートルの杉の巨木をくり抜いた丸木舟で3度目の正直に挑戦するという。学説としては証明されていても、実際にそれを実践するとなると、幾多もの困難が待ち構えていて、予想もしなかった色々なことがわかるものだと海部氏は言う。ちなみに、3万年前にあったと考えられている工具の石器斧で、1メートルの巨木を切り倒すためには、6日を要したそうだ。無論、その後、石器だけでそれをくり抜くのに、更に膨大な時間がかかったことは言うまでもない。

 新しい御代を迎えた日本は、歴史上初めて人口減少のフェーズに入る。3万8千年前に日本に最初の人類が降り立って以来、初めての経験だ。そうした中で日本は今後、移民の受け入れの是非を真剣に議論する必要が出てくるだろう。長らく他民族の移民を受け入れずに来た日本は、他文化に対する寛容度が必ずしも高くないことはやむを得ないことかもしれない。しかし、一歩引いて長いスパンで日本の歴史を振り返ってみると、そう、日本は正に世界の方々から集まってきた多くの民族がここでまた新たに混ざり合ってできた、立派な多民族国家でもある。人口統計学的には正に歴史的なフェーズに入ろうとしている日本には、こうした歴史的な視座も必要かもしれない。

 令和最初のマル激となる今回は人類進化学者の海部氏とジャーナリスト神保哲生、社会学者宮台真司が、無人島だった日本に最初の人類が降り立った時代に思いを馳せながら、日本の悠久の歴史を議論した。

 
海部 陽介(かいふ ようすけ)
国立科学博物館人類史研究グループ長
1969年東京都生まれ。92年東京大学理学部卒業。95年東京大学大学院理学研究科博士課程中退。博士(理学)。日本学術振興会特別研究員、国立科学博物館人類研究部研究主幹などを経て、2014年より現職。著書に『日本人はどこから来たのか?』、『人類がたどってきた道 “文化の多様化”の起源を探る』など。

 

マル激トーク・オン・ディマンド

「マル激トーク・オン・ディマンド(通称マル激)は、『ビデオニュース・ドットコム』の開局以来、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司がお送りしている新しいタイプのニュース番組。 時間編成に縛られないインターネットの特性を最大限に活かし、多彩なゲストとともに、毎週重要なニュースを独自の視点から徹底的に掘り下げています。 特別企画「5金スペシャル」は、第5週の金曜日にドキュメンタリーや海外映画を取り上げるなど普段とはひと味違う内容で無料公開中。「マル激トーク・オン・ディマンド」の無料サンプルはこちら

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2014年4月より40円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除