2004年8月20日
  • 文字サイズ
  • 印刷

美浜原発事故を関電問題で終わらせていいのか

槌田敦 名城大学教授 (熱物理学・環境経済論)
マル激トーク・オン・ディマンド 第178回

  死傷者11人を出した美浜原発事故では、破裂した配管の点検を怠った関電の杜撰な管理体制に責任の追及が集中している。
  しかし、名城大学の槌田敦教授は、今回の事故は、単なる一電力会社の管理能力を越えた、原発の安全性の本質に関わる重大な事故だったと指摘する。
  今回の事故は、冷却水の喪失によって最終的に炉心の溶解(メルトダウン)にさえつながる可能性があった。また、事故発生直後に冷却水を流出させないための隔離弁が閉じなかったり、補助給水ポンプの弁が正常に再作動しないなど、今回の事故は単なる配管の破裂にとどまらない重要な要素を多く含んでいる。
  実際、原発の安全性を確保するために最低限必要とされる検査を全て行うためには、原子炉を1年間以上も停止する必要があり、それは原発推進の根底にあった原発のコスト優位論を根底から覆すことになると、槌田教授は説く。今後も原発を維持するために、日本はどれだけの費用やリスクを覚悟しなければならないのか。現在のエネルギー供給を維持するために原発以外の選択肢はあり得るのか。原発問題を経済的観点から考えてみた。

マル激トーク・オン・ディマンド

「マル激トーク・オン・ディマンド(通称マル激)は、『ビデオニュース・ドットコム』の開局以来、ジャーナリストの神保哲生と社会学者の宮台真司がお送りしている新しいタイプのニュース番組。 時間編成に縛られないインターネットの特性を最大限に活かし、多彩なゲストとともに、毎週重要なニュースを独自の視点から徹底的に掘り下げています。 特別企画「5金スペシャル」は、第5週の金曜日にドキュメンタリーや海外映画を取り上げるなど普段とはひと味違う内容で無料公開中。「マル激トーク・オン・ディマンド」の無料サンプルはこちら

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2014年4月より40円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除