検索結果

李明博の韓国はどこへ向かっているのか

 今年韓国では、1998年から続いた金大中、盧武鉉の「進歩」政権の時代が終わり、10年ぶりの保守政権となる李明博政権が誕生した。 大統領選挙にダブルスコアで圧勝し、続く議会選挙でも与党が過半数を奪還す […] 続きを読む→

日韓のいがみ合いで崩れる東アジアのパワーバランス

 日韓関係が悪化すると、誰が一番得をするのか。  昨年10月に韓国の最高裁にあたる大法院が、日本製鉄(旧新日鉄住金)に対し元徴用工への損害賠償の支払いを命じる判決を出して以来、日韓関係は坂道を転がり落 […] 続きを読む→

参院選で示された「民意」の中身を検証する

 先の参院選は与党が改選議席の過半数を確保する一方で、いわゆる「改憲勢力」が、参院の3分の2を割り込んだことがニュースとしては取り上げられるくらいで、全体としては波乱の少ない選挙だった。やや話題性に欠 […] 続きを読む→

日韓すれ違いの根底にある1965年協定の玉虫色決着

 玉虫はどこから見るかによって、色々な見え方をする。元々、玉虫色の決着というのは、それぞれが自分に都合のいい解釈ができるような文言で合意することだが、当然それは将来どこかで問題が再燃するリスクを内包し […] 続きを読む→

北方領土問題を解決する千載一遇のチャンスを逃すな

 日露両国が1956年の日ソ共同宣言を基礎に、長年の懸案だった領土問題に終止符を打ち、平和条約締結に向けて動き出したようだ。  北方領土について長らく日本政府は、4島は日本固有の領土との立場を貫いてき […] 続きを読む→

移民はいないことになっている世界4位の移民大国日本

 日本が今や、世界第4位の移民大国であることを、ご存じだろうか。  OECDによると、2015年の外国人移住者統計で、日本に移住した外国人の数は前年比約5万5千人増の約39万人となり、前年の5位から韓 […] 続きを読む→

人権侵害の温床となる外国人技能実習制度は即刻廃止すべき

 日本が実際には世界第4位の移民大国でありながら、公式には移民を受け入れていないという立場を取っていることから、建前と実態が大きく乖離している問題は、近著「コンビニ外国人」の著者、芹澤健介氏と今週のマ […] 続きを読む→

朝鮮半島統一の可能性と日本の地政学的課題

 米朝首脳による歴史的な会談が実現した。  北朝鮮の核・ミサイル開発をきっかけに、一時は「斬首作戦」だの「鼻血作戦」だのといった物騒な話が飛び交い、一触即発の事態にまでエスカレートしていた両国の関係が […] 続きを読む→

金正恩の外交攻勢の真意を探る

 北朝鮮の外交攻勢が止まらない。  ついこの間まで国際社会を挑発するかのように核実験やミサイル発射実験を繰り返し、アメリカとの間で一触即発の緊張状態にあった金正恩が、平昌五輪への参加を機に態度を軟化さ […] 続きを読む→

北朝鮮核ミサイル危機と中国の本音

 北朝鮮情勢がのっぴきならない状況に陥っている。  北朝鮮の絶対的指導者である金正恩労働党委員長が、北朝鮮の生存が核武装とICBM(大陸間弾道弾)の開発にかかっていると確信している以上、もはや自主的に […] 続きを読む→

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除