検索結果

原発被災地の現状を正しく知るために

 東日本大震災と未曾有の原発事故から8年。  福島第一原子力発電所では今も懸命の作業が続くが、廃炉への道筋は遅々としており、除染土の処分の見通しもたっていない。原発敷地内は処理水の貯蔵タンクですし詰め […] 続きを読む→

東日本大震災から2年・福島県内の警戒区域はいま—富岡町の被災地の現状と課題

 3月11日で東日本大震災から2年を迎えた。福島県の浜通り地方は依然として多くの住民が地域外で避難生活を送っている。  東京電力福島第一原発から10キロ、福島第二原発から5キロ、人口16000人の富岡 […] 続きを読む→

縦割り行政が被災地の復興を阻んでいる/戸羽太・陸前高田市長

 東日本大震災と津波によって市街地の大半が壊滅的な被害を受けた岩手県陸前高田市の戸羽太市長が24日、外国特派員協会で講演し、縦割り行政によって復興が阻まれている被災地の現状を外国特派員らに訴えた。   […] 続きを読む→

まちがいだらけの被災地復興論

 東日本大震災と福島第一原発事故から1年半が経つが、依然として避難者は30万人を超えている。福島第一原発事故の被災者も16万人が域外に避難したまま、自宅に戻れない状態が続いているが、どうも被災地の外で […] 続きを読む→

フェアトレードで被災地支援を

 東日本大震災は東北地方を中心に未曾有の被害をもたらしたが、震災発生直後から被災地には多くのボランティアが結集し、資金面でも多額の義援金が集まっている。  しかし、ボランティアや寄付に加えて、もう一つ […] 続きを読む→

神保哲生の被災地現地報告

 観測史上最大となるマグニチュード8.8の大地震に見舞われた被災地では、地震発生から一夜明けた12日、被害の状況が次第に明らかになってきた。地震発生から間もない被災地に入ったビデオニュース・ドットコム […] 続きを読む→

一人も取り残さない災害復興をめざして

 今年、全国を襲った台風被害。内閣府発表の避難者数は1,000人を下回ったとはいえ、避難所から出たあと、それぞれ仮設住宅やみなし仮設など、住居を失った人たちは避難先で新しい年を迎えなくてはならない。住 […] 続きを読む→

今だからこそ象徴天皇制について議論しておかなければならないこと

 メディア的な言い方をすると、これが「平成最後のマル激」となる。  巷では平成を振り返ったり、新しい御代を展望する番組や記事で溢れている。しかし、あまり見かけないのが、象徴天皇制の現状についての議論だ […] 続きを読む→

平成の大合併で低下した防災力を取り戻せ

 何のための「大合併」だったのかを、今一度確認する必要がありそうだ。  東日本大震災、西日本豪雨などの被災地では、平成の大合併によって併合された地域の防災能力の低下が、災害対応や復旧・復興の遅れの原因 […] 続きを読む→

あの大惨事の教訓はどこへ行ったのか

 7年前の東京電力福島第一原子力発電所のメルトダウン事故は、放射能汚染によって多くの住民から故郷を奪った。避難指示区域は当初よりは縮小されたが、依然として帰還困難地域も多く残されている。また、除染が進 […] 続きを読む→

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除