検索結果

ポスト・トゥルース時代の保守とリベラルの役割

 先の総選挙では選挙直前に民進党が分裂するなど野党陣営の足並みが乱れ、結果的に自公連立与党の大勝に終わった。  また、その分裂劇のさなかで、希望の党の小池百合子代表は分裂した旧民進党の「リベラル勢力」 […] 続きを読む→

「枝野」対「前原」の代表選が問う保守新党の可能性とリベラルの存在意義

 来たる9月1日に民進党の代表選が行われる。  枝野幸男、前原誠司という民主党結党時からの生え抜きであり、良くも悪しくも知名度の高い2人による一騎打ちとなったこの代表選は、リベラル路線の枝野と保守路線 […] 続きを読む→

保守政党自民党の再生シナリオ

 この9月、自民党の第24代総裁に選出された谷垣禎一衆議院議員は、自民党を保守政党として再生させたいと抱負を述べる。しかし、谷垣氏が掲げる「保守政党」とはどのようなものなのか。それを探るべく、マル激は […] 続きを読む→

やっぱり日本にも保守政党が必要だ

 自民党政権が、いよいよ土壇場を迎えているようだ。 東京都議選の惨敗で、このままでは次期衆院選での敗北が必至という状況を迎えながら、自民党内ではいまなお内輪揉めが続き、窮余の一策さえ打ち出せないでいる […] 続きを読む→

[5金映画スペシャル]C・イーストウッドの描くアメリカ保守主義の再興は本物か

 5週目の金曜日に特別企画を無料放送でお届けする「5金スペシャル」。今回は、9か月ぶりの映画特集をお送りする。  今回取り上げた作品は、新聞記者を主人公とした『消されたヘッドライン』(ケヴィン・マクド […] 続きを読む→

西部邁流、保守主義のすすめ

 保守論壇を代表する評論家、西部邁氏をゲストに向かえ、小泉構造改革の評価から核保有論にいたるまで、西部流「保守主義者の本懐」を聞いた。  西部氏は、戦後日本のアメリカ的な制度の導入を厳しく批判する。日 […] 続きを読む→

戦後保守主義の終焉

 この選挙を境に、保守本流と呼ばれてきた政治家たちの多くが引退する。これは 日本の戦後政治の本質的な変質を意味するのか。日本の政治は小泉首相の下で、新たなフェーズを迎えているのか。そして、民主党はその […] 続きを読む→

アメリカのメディアはいかにトランプと戦ってきたか

 ワシントンでは野党民主党が主導するトランプ大統領に対する弾劾手続きが着々と進んでいる。大統領の弾劾は約250年のアメリカの政治史上でも3度しか前例がない、いわば歴史的な一大事だ。にもかかわらずそれほ […] 続きを読む→

トランプ政権下で起きている2つの異常事態の意味するもの

 これを異常と呼ばずに何と呼ぼうか。  かねてより前例のない異例続きだったトランプ政権だが、11月の中間選挙を前に、いよいよその異常さに拍車が掛かっている。  今回の異常事態は最高裁判事候補の性的暴行 […] 続きを読む→

与党大勝の総選挙で明らかになった本当の民意とは

 安倍首相が「国難突破」選挙と位置付けた総選挙が10月22日に行われ、自民・公明の連立与党がほぼ現有議席を維持して勝利した。  今回の選挙は最大野党の民進党が事実上解党し、選挙の直前になってバタバタと […] 続きを読む→

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除