検索結果

「障害者に安楽死を」はナチスの優生思想そのもの・障害者団体の代表が社会の風潮に懸念を表明

 「障害者には生きる価値がないのか。」「この事件に同調者が出ることが心配だ。」  障害者の人権を守る活動に尽力してきた日本障害者協議会の藤井克徳代表は、今回の障害者を狙い撃ちにした大量殺害事件について […] 続きを読む→

やまゆり園事件が決して他人事では済まされない理由

 2016年7月に起きた障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件の裁判員裁判が続いている。  すでに14回の公判が開かれ、3月16日に判決が出る予定となっている。刑罰ももちろんだが […] 続きを読む→

障害者を雇うことがなぜ社会にとって重要なのか

 そもそもこの人たちは、障害者を雇うことがなぜ社会にとって重要なことなのかを本当に理解しているのだろうか。  中央省庁の8割が、雇用している障害者の数を水増ししていたという。  去年の段階で、国の行政 […] 続きを読む→

相模原障害者殺傷事件・日本社会の中に潜む事件の遠因を考える

 相模原市の障害者施設で19人が殺害された事件の容疑者が、「障害者は安楽死させるべきと考えて殺した」などと話していることが明らかになり、社会に衝撃が走っている。中でも最も大きな衝撃を受けたのは、障害者 […] 続きを読む→

マイナンバーで最悪のシナリオを避けるために

 刑務所の中で受刑囚たちは番号によって管理される。それはあえて彼らの尊厳を奪うことを目的に、意図的に行われていることだという。  しかし、まもなく日本人は全員が、番号で管理されることになる。それがマイ […] 続きを読む→

ドイツが許されて日本が許されない本当の理由

 戦後70年を迎えるにあたり、安倍首相は「戦後70年談話」を発表する意向を示しているが、そこでは相変わらず「謝罪の有無」や「反省の表現のあり方」などが問題となっている。一体、日本はいつまで謝り続けなけ […] 続きを読む→

映画『ハンナ・アーレント』に見る・感情の回復と問題の本質的解決をいかに両立するか

映画『ハンナ・アーレント』が、この手の真面目な映画にしては異例ともいうべき連日大入りの大人気ぶりだ。この映画で描かれているハンナ・アーレントによるユダヤ人批判に対するバッシングの嵐にも、そんな側面が見 […] 続きを読む→

誰がためにオリンピックはある

 2020年に東京で約半世紀ぶりにオリンピックが開催される。安倍首相が東電福島第一原発事故の汚染水について「アンダーコントロール」と大見得を切って東京招致を成功させた政府は、早速「2020年オリンピッ […] 続きを読む→

広島・長崎の教訓を今われわれは活かせているか

 原発事故の収束の目処が立たないまま、今日、日本は66回目の広島・長崎の原爆の日を迎えた。  被爆国の日本が、なぜここまで原発に依存することになったかについて、われわれは説得力のある説明を持たない。し […] 続きを読む→

『過去の克服』のために今、日本がすべきこと

 なぜ戦後60年がたっても日本は周辺国から信用されないのか。その問いに答えるために、同じく60年前に敗戦を経験しながらも、今日EUの構築という主権委譲まで伴う信頼関係を周辺国との間に築くことに成功して […] 続きを読む→

番組の種類について

現在放送中の番組です。ログイン前は10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。会員登録しログインすることで下記「放送中完全版」の表示に切り替わります。

現在放送中の番組です。1時間から2時間程度の全編を視聴いただけます。
一定期間(3ヶ月程度)経過した番組は放送終了となります。

視聴期間が終了した番組です。10分程度のダイジェスト版を視聴いただけます。
全編をご覧いただくためには、番組が収録されたDVDの購入をいただくことで視聴いただけます。

視聴期間に制限が無く常に全編を視聴いただける無料番組です。

単品購入可

会員・非会員に関わらず、番組単品を300円で購入することで視聴いただけます。

会員用番組を見るには

ビデオニュース・ドットコムの番組をご視聴になるためには、会員登録の上、会費(月額500円+消費税(2019年10月より50円))のお支払いが必要となります。

番組を検索する

  • 登録
  • 解除